画像圧縮しよう                          
            画像は直ぐに現れます! もう重いサイトとは言わせません!

 Sub Menu → 画像を圧縮するやり方 VIX概要&入手 よく使う便利な機能

 

(本説明内容は本製品添付からの抜粋再掲です)

総合変換(リサイズ、写真の名前&連番)

 画像ファイルに、トリミング、回転、減色、リサイズといった処理を行ったのち、指定のフォーマットと名前で保存します。大量の画像に対して画像処理を行いたいときに有用です。
処理対象となる画像ファイルは、ファイルを1個以上選択していたときは選択したファイルとなり、1個もファイルが選択されていないとき、あるいは後述の「サブフォルダも対象」がオンのときはフォルダ内のすべてのファイルとなります。

 実行すると、画像処理の各種条件を決めるダイアログが出ますので、「〜を行う」の欄をチェックして望みの処理を有効にし、条件を決めてOKボタンをクリックすると、処理が開始されます。処理は、画質に影響を与えない順で、反転→トリミング→回転→リサイズ→色調変換→明るさ・カラー→減色の順番で行われます。

 画像処理の条件の意味、指定方法は、画像ウィンドウから実行する単独の各コマンドとほぼ同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。ここでは、総合変換時に注意する点のみ記し、単独コマンドと同じ点は説明へのジャンプ先を示すに止めます。
ここでの設定情報は「オプション」タブからファイルへの保存・読みこみが可能ですので、よく使う設定は保存しておけば、いちいち入力せずにすみます。また、2度目以降は前の設定を憶えていて、前にOKしたときの設定が最初からセットされています。

出力

 「変換対象フォルダ」は、変換前の元の画像ファイルのある場所です。そのときファイルビューで開いているフォルダになります。「サブフォルダも対象」をチェックすると、現在ファイルビューで開いているフォルダ、及びその下層のフォルダにある、すべてのファイルに画像処理を実行します。

 「出力先」は加工した画像の出力先フォルダです。

  • 「指定のフォルダ」は、変換後画像をすべて、指定の1ヶ所のフォルダに出力します。この中で「現在のフォルダに出力」をチェックすると、フォルダの入力はできなくなり、出力先はそのときファイルビューで開いているフォルダとなります。通常「出力フォルダ」は前回入力した内容を覚えているので、処理した画像をすべて1ヶ所に出力するのには便利なのですが、毎回元画像と同じフォルダに出力したいときは、ここにチェックしておいた方が手間がかからないでしょう。
  • 「画像と同じフォルダ」はその名のとおり、元画像と同じフォルダに変換後画像を出力します。「変換対象フォルダ」で「サブフォルダも対象」をチェックしていると、サブフォルダごとに変換後画像を出力していきます。

画質設定 JPEG

 JPEGで保存しようとすると、ダイアログが出て、保存条件を指定することができます。これでいいと思ったら「次へ」をクリックしてください。

プレビュー

 画像ウィンドウからJPEG保存を選んだときは、保存後の画像を見ながら画質を決めることができます。画質を決めたあと、「プレビュー」ボタンをクリックすると、現在の保存条件でセーブした場合の画像が右側に表示されます。元の画像と見比べながら、最適の保存条件を選んでください。なお、指定できるのはあくまで画質であって、任意の圧縮率を指定できるのではないことに注意してください。圧縮率は圧縮してみないと分かりません(画質100だと元のサイズより大きくなることもあります)。

 プレビュー画面左の方には、指定した画質で保存した場合の圧縮率とサイズが表示されます。内部では実際に圧縮してみて、その結果を元に計算しています。圧縮率は画像が無圧縮の場合のサイズに対する比率です。サイズはデジカメ撮影情報を含まない値なので、保存条件で「撮影情報を引き継ぐ」がオンになっていると、実際に保存したサイズと比べると数十KB小さいことがあります。

 画質指定スライダーの右横の虫眼鏡のボタンで、プレビューの拡大・縮小ができます。


写真の名前を変え、連番にする

写真の番号等は、デジカメが自動的に付与されますが、自分の好みの名前と連番に複数の写真を一括に変換できます。

まず、下図のように「画像」→「総合変換」を選択します。

 

そして、下図のように「オプション」を選択して、「名前」、「桁数」、「初期値」を入れます。この場合、写真の名前は”札幌001”、”札幌002”、”札幌003”・・・・・と続きます。

 




 
inserted by FC2 system