r004作り方  注意(再掲):Animation GIF Maker は、その名前のとおりGIFファイルのみの対応です!
                    JPEGファイルを VIX か JTrimでフォーマット変換してください。拡張子だけの変換はしないで下さい。



 
ホームページよく使う「NEW」を、動くアイコンで作ってみましょう。「点滅」と「上からせり上がる」動きにします。

1)JTrimで、22*10を新規作成します。かなり小さいアイコンですが、実物大で作ります。JTrimでは、「虫眼鏡アイコン」で大きくして作ります。

400%(4倍)にして左図です。



2)まず、出来上がり図を先に作ります。好みの背景色にします。これを「名前を付けて保存」して下さい。この画面を後で使いますので。必ずGIFで保存して下さい。



3)「編集」→「文字入れ」で、NEWを入れます。文字色はお好みで選択して下さい。「透過」に設定することをお忘れなく。

文字入れでは、まず「改行」してから「NEW」を入れて下さい。そして「行間」を”0”にして下さい。

「位置調整」はしないで下さい。位置調整は、新規作成したサイズで行います。つまり、入れる文字、フォント、サイズ等によって変わってきますが、ぴったりと入るサイズに背景であるアイコンのサイズを変えます。一旦文字入れをしてから元に戻って新規作成のサイズを決めます。面倒なようですが、この方が効率的です。



4)次に「文字がせり上がる」画像を複数作成します。段々と上に上がって来る画像を作っていきます。

まず、「行間」を”0”から”0.1””0.2”・・と上げていって、左図のように下にはみ出てくるまで行間を上げていきます。ここでOKで「位置確定」をします。

そして「名前を付けて保存」して下さい。必ずGIFで保存して下さい。名前は順番が分かり易いように”1.gif」等にして下さい。

 




 

        

5)また「文字入れ」です。文字が完全に消えるまで、JTrimの画面を戻してから、「文字入れ」です。先程の「行間」よりひとつだけ(0.1単位で)下げて下さい。そしてまたOKで「名前を付けて保存」して下さい。

これを繰り返して、文字が真ん中に来るまで続けます。



6)さて、いよいよ Animation GIF Maker の登場です。立ち上げて下さい。

「2)」で作ったgif画像と、「5)」で作成した全てのgif画像を選択して「追加」をクリックです。



7)ここで、最上段の”10.gif”が、「NEW」文字が完全に真ん中に入った画像です。そして”2.gif”が、「NEW」文字が無い画像です。まずは、この2枚だけで点滅をさせます。





8)”10.gif”と、”2.gif”を選んで下さい。

そして「複製」をクリックです。5回程クリックすると、



左図のようにコピーされます。


9)そして、左図のように、全ての”10.gif”と、”2.gif”を選んで下さい。



 


10)そして次に、「パラメータ」をクリックして、「ディレイ」を”10”にします。


11)そして「更新」です。


12)次は、「せり上がってくる画像」を全て選択して「ディレイ」を”3”にします。そして「更新」です。
 

     

13)「作成」を押して、名前を付けて保存して下さい。

14)出来上がったアニメーションファイルを見てみましょう。

15)左上のタブを『その他』にして、『作製画面確認(ブラウザ)』を押して下さい。出来上がったアニメ画面がブラウザに表示されます。

出来上がりです。


 

inserted by FC2 system