アニメーション                     
                                                                                  Animation GIF Maker
   動くバナーやアイコンを作ろう

 Sub Menu → 取り合えず作ってみよう ソフトの概要&入手 作品例と作り方 機能説明

(本説明書は同製品添付のものです。)   

元画像の指定  画像リストの操作   アニメーションGIFファイルの作成 GIFファイルのパラメータ
各画像ごとのパラメータ その他の機能 ポップアップメニュー
機能説明
・元画像の指定



Animation GIF Maker はアニメーションの元になる画像ファイルとして、GIFファイルのみ指定可能です。
ファイルの指定は、通常、左側にあるファイルリストで指定します。ファイルリスト上でファイル名をダブルクリックするか、ファイルリスト上で選択するファイル名を反転させて、「追加」ボタンを押すと右側の画像リストに登録されます。
この時、指定したGIFファイルがアニメーションGIFファイルであるときは、複数画像に分解されて画像リストに登録されます。

また、エクスプローラからファイルをドラッグしてAnimation GIF Maker上でドロップすることにより、画像を指定することもできます。但しこの時、複数のファイルをドロップした場合の登録される順番は、エクスプローラに表示されている順番と同じとは限らないため、注意する必要があります。



・画像リストの操作 画像リストに登録された画像の操作は、画像リストの左側にならんでいるボタンで行います。
操作の対象になる画像は、画像リスト上でクリックして指定します。マウスをドラッグすることにより、複数の連続した画像を選択することも可能です。但し、連続していない複数の画像を選択することはできません。
全画像を選択したい場合は、選択ボタンの「全部」を押すと簡単に選択できます。

「複製」は、選択した画像を複製します。複製された画像は選択されている画像の前に挿入されます。
「削除」は、選択した画像を削除します。
「クリア」は、登録されている全部の画像を削除します。
4つの移動ボタン「最初」、「△」、「▽」、「最後」はそれぞれ、選択した画像を一番上、1つ上、1つ下、一番下に移動します。

・アニメーションGIFファイルの作成 画像リストの左にある「作成」ボタンを押すと、画像リストに登録されている画像からアニメーションGIFファイルを作成します。
書き込むファイル名を指定するダイアログが表示されますので、ファイル名を指定して「保存」を押すと指定されたファイル名でアニメーションGIFが作成されます。

・GIFファイルのパラメータ アニメーションGIFファイル全体のパラメータに関しては、画像リストの上下にある入力フィールドやボタンで変更、指定可能です。

ロジカルスクリーンのサイズは、画像リストの上で入力できます。一般的に同じサイズの画像から作る場合は、画像サイズと同じになります。ロジカルスクリーンのサイズの方が画像サイズより大きい場合はありますが、逆の場合や、画像の位置指定によりロジカルスクリーンを画像がはみ出している様な場合は、ブラウザでエラーが発生する場合があります。
画像リストの下の「LSサイズ」ボタンを押すと、選択されている画像のサイズがロジカルスクリーンサイズに設定されます。

繰り返し回数は、アニメーションを繰り返す回数を指定します。0のとき永久に繰り返します。

「コメント」ボタンを押すと、GIFファイル中に挿入するコメントが入力できます。GIFファイルでは複数のコメントを持てますが、Animation GIF Maker では、1つだけ書き込めるようにしています。
なおコメントは1種類だけ記憶しておくことができ、呼び出すことができます。記憶されたコメントはプログラムを終了しても残っています。

画像リストで画像を選択し、「GCテーブル」ボタンを押すと、その画像のカラーテーブルをグローバルカラーテーブルとします。

グローバルカラーテーブルをうまく指定することにより、作成されるアニメーションGIFファイルのサイズを小さくすることができる場合があります。

なお、作成されるアニメーションGIFファイルのサイズは、右下に表示されています。




・各画像ごとのパラメータ


左上のタブの「パラメータ」をクリックすると、画像のパラメータ指定のページが表示されます。
ここで、画像リストで選択された画像に関して、パラメータの変更を行うことができます。
複数の画像を選択することにより、一度に複数のパラメータの変更を行うことができます。

No.は、現在選択されている画像の番号を表示します。

位置は、ロジカルスクリーンの中で、画像が表示される位置を左上原点(0, 0)でドット指定します。通常は、(0, 0)です。

ディレイは、1コマ表示した後、次のコマを表示するまでの間隔を、1/100秒単位で指定します。

消去法は次の画像を表示するときに、現在の画像の消去をどうするか指定します。
指定可能な値は、0-未定義、1-未消去、2-背景色、3-描画前 の4つがあります。それぞれの意味は以下の通りです。
「0-未定義」は、特に処理を指定しない場合ですが、通常、「1-未消去」と同様の動きをする様です。
「1-未消去」は、表示した画像をそのまま残します。
「2-背景色」は、背景色でクリアします。
「3-描画前」は、描画前の画像でクリアしますが、対応していないブラウザもあります。
通常は、画像が同じサイズで、透過色を使用しない場合は、「1-未消去」を指定します。それ以外は、「2-背景色」を指定すると良いでしょう。

画像の一部を透明にしたい場合は、透過をオンにした上で、透明にしたい部分の色を指定します。
「透過色指定」ボタンを押すと、以下のダイアログが表示されます。



GIFのイメージはカラーテーブルに登録されている色の番号(インデックス)から成り、実際に表示される色はカラーテーブルに登録されている色です。例えば、256色の場合、上記のように256色のテーブルがあり、インデックスが、左上から0, 1, 2...と番号が付けられており、実際の色がRGBそれぞれ00〜FFまでの値で指定されています。
選択している画像が1つの場合は、指定したい色をクリックします。
複数画像を選択している場合は、同じインデックスで指定するか、同じ色(カラー)で指定するか選び、色を指定します。

パラメータ変更後、「更新」ボタンを押すと、実際のデータに反映されます。
「更新」ボタンを押す前に、「取消」ボタンを押すと、変更した値が取り消され変更前に戻ります。
なお、ALT+Aキーで「更新」、ESCキーで「取消」を行うことができます。






・その他の機能 左上のタブの「その他」をクリックすると、各種追加機能のページが表示されます。
マウスの右ボタンクリックにより表示されるポップアップメニューでも同じことができます(ポップアップメニューの方が多少機能が多くなっています)。

作成画像確認(ブラウザ)
作成されたアニメーションGIFをWWWブラウザで確認します。
全画像確認(ブラウザ)
作成されるアニメーションGIFと各画像の一覧をWWWブラウザで確認します。
エクスプローラ起動
ファイルリストと同じフォルダ(ディレクトリ)を開いたエクスプローラを起動します。
HTML IMGタグ作成
作成されたアニメーションGIFを表示するためのHTML IMGタグを作成します。
以下のダイアログが表示され、「コピー」ボタンを押すとHTMLの文がクリップボードにコピーされます。


カラーテーブル編集
カラーテーブルに設定されている色を変更するときに使用します。カラーテーブルが同じであれば複数画像のカラーテーブルを一度に編集できます。
カラーテーブルアニメ
下の例のように一枚の画像をベースに色が徐々に変化するようなアニメーションを作成します。

少ない色数のGIFファイルをベースに作成すると、色の指定が簡単でファイルサイズも大きくなりません。
画像リストでベースにする画像を選択して、「カラーテーブルアニメ」ボタンをクリックすると、以下のダイアログが表示されます。
なお、透過やディレイは元画像のものが引き継がれますので、カラーテーブルアニメを作成する前に元画像で設定しておくことをお勧めします。



最初は一番最初のカラーテーブル、最後は最後のカラーテーブルを示します。画像パターン数は最初のカラーと最後のカラーの変化を何枚の画像にするか示します。
「画像の最後で折り返す」をチェックすると最後の画像まで変化した後、逆方向に変化する画像を作ります。
色の変更は、カラーテーブルの変更したい物をクリックします。
ベースになった選択された画像を削除したい場合は、「元画像を削除する」をチェックします。
「作成」ボタンをクリックすると、画像が作成され、画像リストに追加されます。

良くわからない場合は、補足説明がFAQにありますので、参考にしてください。

GCテーブルクリア
すべての画像をローカルカラーテーブルにします。つまり、グローバルカラーテーブルが存在しない状態にします。
説明書表示(ブラウザ)
WWWブラウザを起動し、説明書(現在見ているもの)を表示します。
バージョン情報
バージョン情報を表示します。





・ポップアップメニュー マウスの右ボタンクリックによりポップアップメニューが表示されます。ポップアップメニューでは、「その他の機能」と同じ機能にプラスして、いくつかの特別な機能が追加されています。

プレビュー(ビュワー起動)
ブラウザ以外のアニメーションGIFを表示できるソフト(ビュワー)を使用して作成中のアニメーションGIFを表示します。
この機能を使用するためには、「登録情報操作」−「ビュワー登録」メニューで表示に使用するソフトウェアを登録しておく必要があります。

画像分解
個々の画像を個別のGIFファイルとして保存します。主にアニメーションGIFファイルを個々の画像に分解したいときに使用します。
ファイル名を指定すると、ファイル名に001、002というように番号の付いたファイルが作成されます。

画像修正開始(ソフト起動)
特定の画像を修正したいときに、「修正画像置換」の機能とペアで使用します。
修正したい画像を1つ選択して、この「画像修正開始(ソフト起動)」を行うと、登録してあるペイントソフトが起動されます。
画像編集後、上書きして保存します。
その後、「修正画像置換」を行うと、画像が編集されたもので置き換えられます。
編集に使うファイルは一時的なファイルのため元のファイルは変りませんので、注意してください。
この機能を使用するためには、「登録情報操作」−「画像修正ソフト登録」メニューで修正に使用するソフトウェアを登録しておく必要があります。

修正画像置換(ソフト起動)
特定の画像を修正したいときに、「画像修正開始(ソフト起動)」の機能とペアで使用します。
「画像修正開始(ソフト起動)」で画像編集し、上書き保存した後、置き換えたい画像を選択しておき、この「修正画像置換」を行うと、画像が編集されたもので置き換えられます。
「画像修正開始(ソフト起動)」の時に指定したものと異なる画像を指定すると、その画像が置き換えられてしまうので注意してください。

登録情報操作
このメニューでは、Animation GIF Makerの特別な設定や操作を行います。

ビュワー登録
「プレビュー(ビュワー起動)」を使用するときに、前もってプレビューに使用するプログラムを指定しておくための機能です。
ソフトは、アニメーションGIFの表示が可能なものを指定します。

画像修正ソフト登録
「画像修正開始(ソフト起動)」を使用するときに、前もって画像修正に使用するペイントソフトを指定しておくための機能です。
ソフトは、GIF画像の編集が可能なものを指定します。

作業用フォルダ変更
通常、作業用フォルダは、Animation GIF Makerのプログラムがあるフォルダに自動的に作成されるため、気にする必要はありませんが、Animation GIF Makerを別の場所に入れ直したり、特定のフォルダを指定したい場合など、変更が必要なときに使用します。
ブラウザ新規起動
0.70より、ブラウザ表示の高速化のために変更をして、既にブラウザが起動している場合は、新規に起動しないようにしましたが、従来のブラウザ起動方式を好む人のためにこのパラメータを追加しました。これをチェックすると従来と同じ動きになります。
登録情報削除
Animation GIF Maker を完全に削除したい場合や、登録情報をクリアにして最初の状態から動かし直したいときに使用します。
確認メッセージが出ますのでOKを押すと、登録情報を削除して、Animation GIF Makerが終了します。この後、Animation GIF Makerを起動すると、登録情報(レジストリ)が再設定されてしまいますので、削除する場合は注意してください。




inserted by FC2 system