Flash ムービー       

 Sub Menu → ソフトの概要&入手 初めて作る やや高度な作り方 機能説明 HPへ貼り付けタグ こんな楽しみ方も

 

ホームページ、ブログへ Flash Movie をアップする方法を述べます。また、下部に「必見!swfファイルの圧縮」を記述しています!

 まず、貴方のホームページの何処に設置するかを決め、そのhtmlファイルに、その決めた場所に、下記のタグをコピーして貼り付けるだけでOKです。勿論、作製した swf ファイルを同じフォルダ或いは他のフォルダに入れて下さい。

 この時、タグは、この画面からコピーしたものを一旦『メモ帳』に貼り付けて、それを切り取ってからhtmlファイルに貼り付けて下さい。

<embed src="top.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="640" height="370" align="left" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer">

注:
1)
top.swfは、貴方が作られたファイル名に変更して下さい。
2)
width="640" height="370"は、プレイヤーのサイズです。貴方が作られたサイズに変更して下さい。
3)作製した swf ファイルを同じフォルダに置いた場合は上のタグですが、他のフォルダ(仮に
flashとすると)であれば、
"
flash/top.swf" として下さい。





必見!!swfファイルの圧縮について

 Flash Movieのファイル容量を意識しないで作ると、とんでもない大きな容量になってしまい、初めてアクセスする人はなかなかムービーが出て来ないので他のサイトに移ってしまいます。特に当サイトのように比較的大きな画面サイズで上映時間が長いswfには、圧縮が必須となります。大幅にswfファイル容量を減らす方法を2つご紹介します。

1)画像、写真、背景等のJpegファイルは、ParaFlaに取り込む前に、VIX で圧縮して下さい。これで約1/3になります。詳細はVIXのコーナーをご覧下さい。

2)ParaFlaで、「ファイル」→「プロジェクトのプロパティー」の画面を出して下さい。

「swfファイルを圧縮する」にチェックを入れてから、swfファイルを生成して下さい。これで更に1/3程になるので、VIXでの圧縮を合わせると、元ファイルから約1/10にまで圧縮できます。HPでご利用の際は、是非、ご利用下さい!!

 

inserted by FC2 system