線・点・透かしの模様枠U 51



昨日の作品と同じ作り方ですが、数値を変えると全く違った模様になります。 


2013/01/05






1)250*250の黒を新規作成して背景を白にします。

まず座標指定します。



2)フェードアウトします。



3)左図になります。
 


 4)ガラス処理を入れます。



5)左図になります。



 6)80でつまみます。



7)左図になります。コピーします。



8)背景を黒に変えて、全選択して45度回転させます。



 9)合成(明るい)します。コピーします。



 10)下に連結します。コピーします。



 11)右に連結します。コピーします。



 
 12)全選択して45度回転させます。
 


 13)合成(明るい)します。コピーします。
 


 14)全選択して22.5度回転させます。



 15)合成(明るい)します。



 
 16)w277で作った模様です。コピーします。
 


 17)15に合成(明るい)します。コピーしておきます。
 


 18)ネガポジ反転します。



 
 


 19)超新星を入れます。



 
 ここで補足説明です。

ネガポジ反転すると、色は
反対色(補色)になります。

左図は、円相環です。
円の正反対に位置する色が補色になります。



 
 20)ネガポジ反転します。



 21)合成(暗い)します。コピーしておきます。
 


 22)写真を2つのJTrimで開きます。
 


 23)暗くします。
 


 24)加算合成します。
 


 25)2枚目の写真にスポットライトを当てます。コピーします。
 


 26)合成(明るい)します。
 

 


 立体枠と名前を付けて完成です。


inserted by FC2 system